ブログ

中の人のブログです。
何を書くかわかりません。炎上しないように気をつけたいと思います。

ブログ一覧

「横暴編集長」の意外な使い方

52

「横暴編集長シリーズ」は、遊びとしての「カードゲーム」として企画され販売スタートしました。

 

たくさんの方に遊んでいただき、SNSなどに画像などもアップされ、多くの方に知っていただくようになりました。そうすると、当初は想定していないような意外な使い方をしている例が出てきました。

 

今日は、そんな意外な使い方をいくつかご紹介していこうと思います。

まずは、なんとなく、あるかな~と思えるところから。

 

・小説(や物語)のタイトルとして作り、実際の小説などを書いてみる

→ 面白いタイトルや変なタイトルがどんどん出来上がるので、話作りのきっかけになりますね。メチャクチャなタイトルって、自分の想像の範囲では思いつかないような新鮮な世界観を連想させるんだとか。

余談ですが、実際の作家さんの集まりでも遊ばれていると聞き、大変光栄に思いつつも諸々の事情により大変恐縮しております・・・。

 

・TRPGなどのシナリオのアイデアのきっかけとして使う

→ これは便利かもしれません。奇想天外なタイトルに刺激されて、奇抜なストーリーや設定が思い浮かぶのかも。

私はTRPGのシナリオって作ったことがないので、どういう風に役立つのか想像できませんが・・・。

「この中に一人 ありえないほど近い」とか、ホラー味はありますけど。

 

・上下のカードで分けて、カルタのように遊ぶ

→ え~。上下100枚ずつあるんですよ~?

もしかしたら「偶然」、既存のタイトルができるかもしれませんけど・・・。100セットもキレイに出来たらねぇ・・・。

それは奇跡じゃないですかねぇ・・・。

これ以上はコメントしませんけど・・・。もちろん「想定外」の遊びですよ。

 

・演劇部の「即興劇」の練習に使う

→ 中学や高校の演劇部などでは、「エチュード」と言って、テーマだけを決めて即興でその場で話を作りながら演じる、という練習があるそうです。

セリフが決まっていないところで、即興で面白い芝居を成立させる稽古ですね。

そういう場で「横暴編集長」が使われているとか。

じゃ、次のエチュードのタイトルは・・・「不思議の国の バーにいる」ね~。メンバーは、ちえとタケルと山ちゃん! ハイ、スタート! とかですか。

この使い方は、想定していなかったです。

でもRPGのシナリオや小説のタイトルの考案などで使えるなら、これも可能ですよね。

部活の練習だけでなく、プロの即興演劇の方にも使っていただきたいな(チラッ)

 

ということで、他にも「こんな変わった使い方してます!」という方がいたら、ぜひ教えてくださいね~。

 

 

 

 

 

 

2019年07月30日

僕たちの失敗。

IMG_1833

というか、僕の失敗。

 

ウェブサイトのリニューアルを今年の5月16日に行ったわけなんですが・・・。

 

なんと、ニューアルしてからずっと、SSLを入れるのを忘れていました。

正確に言うと、SSLは入っていたんですが、ゲームマーケットやツィッターなどでのサイトLINKがhttpのままになっていたんですね・・・。

 

無知というのは恐ろしいものです・・・。

「なんでツィッターにリンク記事を送れないのかなぁ」とか「どうして「危険なサイトです」ってブラウザに言われちゃうのかな」と思ってはいたんです。

でもそれとSSLという仕組みがリンクしていませんでした。

 

S・S・L!

H・T・T・P!

H・T・T・P・S!

 

呪文のようです。

 

ウェブが分かっている人には「基本のキ」なんでしょうが、ど素人がツールを使ってやっとこさリニューアルするとこんな有様です。

 

ということで、やっとブラウザさんから怒られなくなりました。

↓  ↓  ↓

 

ジャンクションのHPは怪しいと思っていた方、これからはぜひ、安心してアクセスしてくださいね。

不定期にブログなども書いてますので。

 

・・・安全ですよ。

まあでも、実は現時点でも良くわかってないのです。

ですが、たぶん安全です。

もし変なところがあったら、教えてくださいね(泣)

2019年07月12日

「ニンジャ記念日」について2

ninjya2

間が空いてしまいましたが、忘れていた訳ではありませんよ~。

 

ということで、その2です。

 

質問の2番目はこれでした。

 

2.「ニンジャ記念日」ってサブタイトルについているけど、「ニンジャ記念日」って何月何日ですか? そもそも存在するんですか?

 

お答えします。

正直、詳しくは知らないですが・・・。2月8日じゃないでしょうか。

と書いて「ググればいいじゃん」と思いついてググったら、2月22日でした。ニンニンニン・・・。ハットリ君かよ、ということでした。

ちなみに、「ニンジャの日」とグーグルで検索すると、何番目かに「横暴編集長 ~ニンジャ記念日~」の情報ページが出てきます。ありがたいことです。

 

 

さて、質問の3番目です。


3.「ニンジャ記念日」ってふざけたサブタイトルつけたのはいったい誰ですか?まさかとは思いますけど、万が一、ちゃんとした「意味」があるなら教えてください。

 

お答えします。

まあ、誰ですかと問われれば・・・。私です。

意味があるかと問われれば・・・。ありません。

テストプレイしていた時に、優秀タイトルで「ニンジャ記念日」ができたんですね。その時に、このバージョンのサブタイトル、これで良いじゃん? っていう・・・軽いノリです。

ただこのタイトルが、箱裏の梗概に影響していますし、梗概の方向性を決めた時に「ニンジャ記念日」の箱デザインに影響を与えて、それが後々の「横暴編集長シリーズ」のバリエーション作りの大元になっているわけです。まさにバタフライ効果、もしくは風が吹けば桶屋が、ということです。

 

 

ということで、ゲームマーケットでの質問あるある

「ニンジャ記念日について教えてください!」

についてお答えしました~。

 

「横暴編集長シリーズ」の中ではいぶし銀の次男坊って感じの「横暴編集長 ~ニンジャ記念日~」。

みなさん、ぜひ遊んでくださいね!

2019年06月29日

「ニンジャ記念日」について教えてください!

ninjya01

イベントに出展していると、

「ニンジャ記念日」について教えてください!

って質問も多いです。

 

これは、「中ノ章」と違い、同じ質問でも尋ねたい内容が質問者によって違うのでなかなか適当に答えられません。

私が思うに、質問者の意図は以下のいくつかのパターンに分けることができます。

 

1.無印の「横暴編集長」と「横暴編集長 ~ニンジャ記念日~」って、ゲームとしてはどこがちがうんですか?

2.「ニンジャ記念日」ってサブタイトルについているけど、「ニンジャ記念日」って何月何日ですか? そもそも存在するんですか?

3.「ニンジャ記念日」ってふざけたサブタイトルつけたのはいったい誰ですか?まさかとは思いますけど、万が一、ちゃんとした「意味」があるなら教えてください。

 

・・・はい。順番にお答えしますね。

 

1.無印の「横暴編集長」と「横暴編集長 ~ニンジャ記念日~」って、ゲームとしてはどこがちがうんですか?

 

たぶんお客さんの5割はこちらの意図で質問していると思います。その場合、だいたいこのような答えになります。

 

「横暴編集長 ~ニンジャ記念日~」というのは、ゲームルールや遊び方は無印の「横暴編集長」と同じですが、無印の「横暴編集長」とは異なる200枚のカードが入っています。

タイトルカード(上)100枚、タイトルカード(下)100枚で合計200枚の新しいカードです。

 

無印の「横暴編集長」が少し売れたので気を良くして、カードのバリエーションを増やしてみた第2弾、ってことですね(恥)。

ですので、「横暴編集長 ~ニンジャ記念日~」単体でも遊べますし、無印「横暴編集長」と混ぜて遊ぶこともできます。

(ちなみに、混ぜた場合でも上下にあるアイコンが無印とは違いますので、遊んだ後にちゃんと分けられますよ~)

よく誤解される上に大事なことなのでもう一度書きますが、

 

「単体でも遊べます!」

 

ちなみに、入っているカードの傾向としては、無印より若干マニアックなタイトルが多いです。物語や小説だけでなく、ノンフィクション系も入っていたり。ラノベ比率も少し高いかもしれません。「誰もが知るあの・・・」が多い無印と比べ、「知る人ぞ知るあの・・・」が増えた感じでしょうか。

 

ちょっと長くなったので、2と3の意図の質問返答は後日!

2019年06月20日

「中ノ章」って何ですか?

23

ゲームマーケットで出展しているときに良く聞かれるんです、

「横暴編集長 ~中ノ章~」って何ですか?

 

 

簡単に説明するときは、「横暴編集長シリーズ」のタイトルカード(上)とタイトルカード(下)の間に入れて、タイトルのバリエーションを増やして遊びを広げる拡張カードです、と言っています。


例えば、タイトルカード(上)の「鬼平」とタイトルカード(下)の「劣等生」を組み合わせて、


「鬼平 という名の 劣等生」

「鬼平 見た目が 劣等生」


などというタイトルを作ることができます。


「横暴編集長 ~中ノ章~」はタイトルカード(中)が50枚入っています。

 

 

「横暴編集長シリーズ」の1セットは、タイトルカード(上)が100枚、タイトルカード(下)が100枚入っていますので、通常プレイで作れるタイトルのバリエーションは

 

100枚×100枚=10000通り(1万通り)

 

ですが、これに「横暴編集長 ~中ノ章~」を組み合わせると

 

100枚×50枚×100枚=500000通り(50万通り)

 

と跳ね上がります。

上手くハマると、メチャクチャ爆発力があるタイトルが出来上がるのです・・・。

ですが・・・。

ですが、疲れます。

脳ミソが、疲れます。

 

通常の「横暴編集長」ですと、手元のカードと場のカードの(上)(下)を頭の中で組み合わせてタイトルを作っていくわけなんですが、(中)が入るだけで、通常プレイと比べて3倍くらいの組み合わせが出来るため、脳ミソがフル回転になります。

疲れるけど、飽きることがなくて面白い、それが「横暴編集長 ~中ノ章~」なのです。

 

ちなみに、現在まで出ている「横暴編集長シリーズ」4タイトルと組み合わせると

 

400枚×50枚×400枚=8000000通り(800万通り)

 

になります。

もちろん計算上、ですが。

 

「横暴編集長シリーズ」を遊んでいて、ちょっとマンネリになってきたな~と思ったら、ぜひこの「横暴編集長 ~中ノ章~」を導入してみてください。値段も安いので本当にお勧めですよ~。

2019年06月11日
» 続きを読む